kiss me LBH
keikiss.exblog.jp

ビョンホンのあま~いkissに 恋に落ちた恵のメロメロらびゅ~んな日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新のコメント
今日もジトジトですね〜〜..
by りき at 15:26
こんばんは お盆があっと..
by leekei at 03:16
恵さん 皆さん こんにち..
by flower at 09:36
ホントに雨続きですねー ..
by りき at 07:19
こんばんは~ 私の..
by ぶーたん at 21:57
恵ちゃん、みなさん、おは..
by maui at 08:37
お盆ですね〜〜 みなさ..
by りき at 10:59
恵さん 皆さん こんばん..
by youchan at 23:11
>rikiさん お..
by leekei at 16:44
>mauiさん お..
by leekei at 16:42
♡恵のお知らせ(〃∇〃) ♡

いつも 遊びに来てくれて
ありがとうございます






♡恵のメール♡

件名にHNを 入れてくださ~い。
お願いします。 迷惑メールフィルターを設定していますので うまく届かないことが極まれにあります。もしお返事がない方は 非公開で おしえてくださいね♪


keikissme@yahoo.co.jp



♡kiss me BBS♡





上のBBSマークをぽちっ!としてください。
みなさんのおしゃべり 情報交換
ど~ぞ。
誹謗中傷のみ 禁止で~す。





♡お願い♡

こちらに掲載している画像・情報・引用文などは、個人の趣味の範囲内で利用させて頂いております。営利目的ではございません。何卒 ご理解下さいm(__)m
また 誹謗中傷は 禁止で~す。





♡レスについて♡

OPEN当初から 全レスを目指て やってきましたが 時間がどうしても足りなくて 気がつけば 全レスできなくなってました。
コメントくださった皆さんに全レスをしたい気持ちは 今も変わらないのですが本当にごめんなさい。

できる範囲で できる限りレスしていきます。もし、漏れてても他意はないので、許してね。
お一人 お一人のコメントは思い浮かべながら 全部 読ませていただいてます。
ありがとうございます(*^▽^*) 



♡MVのお願い♡

事情でMVのリンクが切れているものもあります。
もし リンクが切れてるけど 見たいわ~♪と 言ってくださる方は メールいただければ 送ります。




■■amazonお買いもの■■
商品写真クリックで
amazonで詳細見ながら
すぐにお買い物ができます。

メモリーズ 追憶の剣  通常版 【DVD】

インサイダーズ/内部者たち [DVD]

DAZED 2016年 1月号/韓国俳優イ・ビョンホン/おまけ:東方神起ポスター、東方神起はがき1枚/韓国雑誌

[写真集表紙画像なし]
イ・ビョンホン「メモリーズ 追憶の剣」公式写真集

CINE21 1017号 イ・ビョンホン チョン・ドヨン 侠女:刀の記憶 韓国ap04

クレアスタ 2012/04月(VOL.9)-特集!イ・ビョンホン/キム・ヒョンジュン/JYJ/INFINITE/KARA

G.I.ジョー バック2リベンジ 完全制覇ロングバージョン 3D&2Dブルーレイセット〔2枚組〕(初回生産限定) [Blu-ray]

G.I.ジョー バック2リベンジ [DVD]

王になった男 プレミアムBOX [DVD]

王になった男 スタンダード・エディション [DVD]

ちょっと紅茶も仲間入り・・・

英国 Whittard (ウィッタード) イングリッシュブレックファスト リーフティー ギフト缶 Tea Discoveries English Breakfast Caddy [並行輸入品]


英国 Whittard (ウィッタード)ブラックティーセレクション 紅茶ギフト ミニ缶3種セット [並行輸入品]

英国 Whittard (ウィッタード) アフタヌーンティー リーフティー 125g インフューザ―付き Finest Afternoon Loose Tea Pouch & Silver Plated Infuser [並行輸入品]


香水★『李氏の庭』 エルメス

【エルメス】李氏の庭 EDT・SP 50ml [並行輸入品]



■■■おコタのお誘い■■■

コメント欄でワイワイしながら
TV見ましょう
開催時 事前お知らせは
ブログ記事にて


KBS 2TV 
 

韓国TV視聴サイト



韓国TV番組表




♡愛用の素材やさん♡

*・゜゚・*:.。゚・NOION*:.。.* .。.:*
.。.*゚・:.。.* café trial*:.。.* .。.:*
..* 自然いっぱいの素材集*:.
..*・:.。.* natural breeze*:.・:.。.*
..*・:.。.* fazzy*:.・:.。.*
..*・:.。.*7 Style*:.・:.。.*
..*・:.。.*atelier-sud-est*:.・:.。.*
..*・:.。.*cheerful*:.・:.。.*
..*・:.。.*chocolat**:.・:.。.*
..*・:.。.*mattrihonpo..*・:.。.*



♡サイトリンク♡

イビョンホン ジャパン(新)
Lee Byung hun com
ルーバス

loveLBH
Lee byung-hun台湾
Lee byung-hunS.G
LBH meets LBH
サマンサタバサ
Gyao
ニコニコ動画
놈놈놈 DaumCafe
놈놈놈 台湾公式サイト
UNIVERSAL-J
youtube
G.I.joe
東方神起オフィシャルウェブサイト
I come with the rain公式サイト
グッド・バッド・ウィア-ド日本HP
IRIS
マエストロ






♡ブログリンク♡

kokia's collection
かんこくのぐうぞう い・びょんほん
ビョンホン・アメブロ



最新の記事
黄金シリーズ
at 2017-08-04 17:52
HappyBirthday ..
at 2017-07-12 21:33
麻央さん ありがとう&ビョン..
at 2017-06-24 12:50
記念日×3
at 2017-06-11 18:44
PSY×Byung-hun
at 2017-05-11 02:36
大統領選挙のFCのビョンホン..
at 2017-05-09 13:22
お宝で耳もイかせてもらいまし..
at 2017-04-14 08:46
LBH TOUR 201..
at 2017-04-05 12:29
サクランボの花
at 2017-03-19 13:52
初あの人の街…ソウル そして..
at 2017-03-10 01:07
春よ来い...
at 2017-02-23 12:20
kissmeLBH 10年2..
at 2017-02-08 11:41
映画「それだけが僕の世界」主人公
at 2017-02-02 12:20
RED リターンズ 放送ちゅ
at 2017-01-28 21:25
Birthday Prese..
at 2017-01-24 08:58
キム・テヒ 結婚おめでとうで..
at 2017-01-18 12:22
富士山
at 2017-01-06 11:58
A happy new ye..
at 2017-01-01 01:30
Thank you 2016..
at 2016-12-31 15:44
W…渋ビョンホン
at 2016-12-22 22:54
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のトラックバック
♡ 来日 ♡ 来日 ♡
from まほんのL-Beads-H
Stay With Me
from Rin's C@fe
Happy Birthd..
from Alyuとleebyungh..
ヒデの涙
from まほんのL-Beads-H
びょんほんバスのお値段は?
from Rin's C@fe
Today's びょんほ..
from Rin's C@fe
Light In The..
from かんこくのぐうぞう い・びょ..
「輪舞曲」のかんづめ③ ..
from Rin's C@fe
お~ぷん1ヶ月記念妄想文。
from びょんほん mylove
彼がもっこりと口にした日..
from かんこくのぐうぞう い・びょ..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
妄想テッシュ プレゼント発送報告 きゃ
f0013346_12493052.jpg





モザイク・・・(Ψ▽Ψ*)イヤン♪




ハゥイ(゜▽゜`)ノ
かけちゃいましたよ・・・www


モザイク

もちろん 個人情報なので
しっかり 監禁・・・じゃなく 管理させていただいて
発送しましたぁ






下記事のコメント欄にも
書きましたが・・・



今回は 封筒を


「どっピンク」


見つけたので 購入




まさに きすみぃの為の封筒じゃないですきゃああ





ピンク × ブラック




これぞ まさに エロエロの世界です。





で・・・

封筒の宛名ですが




いつもの 下半身突き出し ビョンホンは
今回は 封印




何故かというと
たぶん

数名 もう その宛名で届くのを
経験してる方が いるので~



新たなデザインを・・・
と フォルダの中
探していたら
やっぱ 私 この 菊ビョンが
色っぽくて 好きなんです。





あ・・・
これ いつもの メールでドンの
高画質プレゼントで 希望者の方には
お送りしたものです^^



希望メール 下さった方は
見覚えが・・・♡




希望メール 躊躇されてる方に・・・
こ~んな感じの高画質
お届けしてますよ^^



なんて 一応 あぴって みたりして
遠慮してる人 いっぱいいるんで^^
気楽に 応募してね。






f0013346_16384890.jpg




さて・・・
話がそれましたが・・




発送したプレゼントは・・・

こちらです。












どぉぉぉぉ~~~ん


f0013346_12491755.jpg



でかっ!!




今回は おまけシールなどは
残念ながらないですが



いつも コピー用紙などで書くお手紙を
光沢紙のハガキサイズのカードにしてみました。



で・・・
ビニ本のごとく(なつかし~響き)




ビニールに包んで 封印



5名の当選者様の下へ

妄想テッシュ 発送(早口言葉みたい)



と なりました。





4つのポケットテッシュ



デリケートゾーンには 向かないと
提供者のMさんが 書いてくれてたけど




あえて・・

あえて・・

デリケートゾーンに 挑戦してくれるあなた・・・





感想 待ちしています(笑)





いやいや

見てるだけで 妄想




腐るものじゃないので
いっぱい いろんな方法で
楽しんで ください^^





プレゼント 提供してくださったMちゃん

本当に ありがとう^^




そして

5名の皆さん おめでとう





そして 

今回 惜しくも外れてしまった皆さん






いよいよ 来月 12/7は
kiss me OPEN 5周年です。




きゃああああああああああああああああああ




プレゼント 用意します。


また フルって ブルブル
フルって ピクピク

応募してくださいねっ~^^







[PR]
by leekei | 2010-11-26 16:45 | プレゼント | Trackback | Comments(174)
おおおおおおお~い!!!
f0013346_0355435.jpg





おおおおお~い!!

間違い 間違い






これ・・・
見た人いるかな?


気が付いた人 居るかな?





今朝のめざましTVです(笑)





今のK-popの人気で
新大久保が 熱い
って コーナーです。





もぉぉぉお~!!

いくらなんでも

基本でしょ?




見つけたとき

ぉお(゚ロ゚屮)屮

でした






あとね

今日 コンビニ「サンクス」

いったら





f0013346_0392178.jpg




コンビニに 堂々と並んでる姿を見ると・・・


やっぱ うれしくなります^^

珍しく ないかもだけど

ふと 目に留まり

サンクス内で ゲリラ撮影しちゃいました。









さて・・・

マリ姉~情報で

ビョン 来日中ですね。





同じ 日本にいると 思うと


「す~は~す~は~」

どこからか ビョンが吐いた息が

流れてkぉやしないかと

東京に向かって 深呼吸です。






不安なニュースが 上がってきてますが

ビョンも きっと 心を痛めてるでしょう

穏やかに 過ごさせてあげたいのにね・・・






あっ・・・

あとね

本日(11/23) プレゼント 発送してきました^^




お近くの方は 明日(11/24)
遠くの方は 明後日(11/25)到着予定です^^

おまちくださ~~い^^




到着したら また 記事UPして

写真UPしますね


[PR]
by leekei | 2010-11-24 00:47 | いびょんほん | Trackback | Comments(110)
テッシュプレゼント 公開抽選&はっぴょぉぉ
★当選発表!!一番下に 追記しました!!見てね!!
f0013346_21331985.jpg

↑クリックで 悩殺サイズになるっちゃ♡


お待たせいたしました・・



お問い合わせのメールが 
なかったので
皆さんからの応募メール
全部 無事到着してるということで



いつものように
メール到着順で
上のような一覧表を
作ってみました^^



f0013346_1141686.jpg


そして
昨日 コメント欄に登場の



デリケート部分は いやん♡な
テッシュを 提供してくれた(笑)

Mさんに 5名様分の番号を
選んでいただきたと思います。




もちろん
到着順をしてるのは 私だけなので
モザイク画像のみ 見て 番号きめてもいます



誰が 何番かな?
ご自分の番号は
メールの時間で
確認できると思います。



当選者の方は
モザイク外してOKな方は
のちほど お名前公表にて
おめでとう~の
祝福の嵐です^^




では・・・


Mさ~ん


コメント欄に
あなたのお好きな数字(1番~17番)を
5個 選んでかいてくださ~い




おねがいしますぅ








■発表■

コメント欄にて Mさんが 数字選んでくれました。

では、好きな数字を発表させて頂きま~す^^

『7番・12番・6番・11番・9番』です。




ってことなので・・・

当選の方 おめでと!!

Mちゃん ありがとう!!




自分のメール送信時間と見ていただいて
当選 見つけてね。


また 挙手後
当選者 お名前 発表します^^



挙手がなくとも
後ほど 発表しますね。


あと
HN出さない法外いい人は
その胸(あん♡) 非公開で 書いてくれたら
イニシャルで 発表しますよ^^




f0013346_8155721.jpg


当選者の方 おめでとうごあます。


■当選者 はっぴょ~!!■

おめでとうございますぅ。

当選の方は お手数ですが
住所とお名前を 私宛にメールくださ~い。
よろ乳首~!!!




♪朱さん 

♪チャリさん

♪toshikorikiさん

♪loveleeさん

♪flowerさん







[PR]
by leekei | 2010-11-16 21:34 | プレゼント | Trackback | Comments(114)
プレゼント 当選発表前の余興(笑)






このyoutuneですが・・・



ちょっと えっちなの見てたらね(*≧m≦*)プププw



このVが 目に入り・・・




見てみたら・・・・





なんと



今までに kiss meで 紹介したり 取り上げた画像が



次々に 出てくるじゃないですか~~~



きゃああああああああああああああああああああ





なつかしいピーマンの画像や



シンボル祭りの画像まで




懐かしいというか



kiss meって やっぱり すごい?(・-・*)ヌフフ





よかったら 見てみてね。

あ・・・

後方に 家族や職場の人が

いないことを確認して

GO!!で・・・・(笑)









■お知らせ■



先日の kiss me LBH 4年11か月記念の

テッシュ プレゼントに 

応募ありがとうございました^^





本日 応募者全員に 

受け取りましたメールを送りました。




なので もし

「私はメールをしたのに お返事が来てないわ」

って 方は




ここのコメント欄に

非公開で 書いてください。


しらべま~す。






そして

抽選は 提供者のMさんに参加してもらいつつ

決めたいと思います^^




もうしばらく おまちくださ~い







[PR]
by leekei | 2010-11-15 00:22 | その他 | Trackback | Comments(24)
プレ5周年 kiss me 4年11か月記念プレゼント
■愛の創作文「夜風」最終回 一つ下の記事にUPしています。よかったら読んでね。

f0013346_1948526.jpg


本日 kissme LBH 4年11か月と1日の記念日です。


そして そう・・・
来月 12月7日には
いよいよ 


kiss me OPEN 5周年が やってきます!!

キャアァァアァッァアァァ~!!

早いっっ~!!



あっという間の5年?

いやいや いろ~んなことがありました。






時には 泣けちゃうようなつらいときもあったけど

いつも遊びに来てくれるお仲間さんに励まされ

いつも 笑いながら 乗り越えてこれました^^




少し フライング気味のご挨拶は・・・

来月の5周年記念に がっつり 書くとして・・・





実は 遊びに来てくれいているお仲間さんから

こんな プレゼントが 届いたのです。




f0013346_19384569.jpg



わかります?

これ 悩殺ビョンホン ポケットテッシュ  です!!





お仲間Mさんが

ちゃんと 業者さんにオーダーして作ってもらった

ポケットテッシュなんです。





これを 4つ一組で

5名様に プレゼント!!

ヒュ~!!太っ腹~!!





なんと Mちゃんが

たくさんくださったので

Mちゃんに 了解を経て

みなさんに おすそ分けです!!








■ ■ ■ kiss me 4年11か月記念 プレゼント■ ■ ■


ビョンホン テッシュ

4つ 一組

5名様に プレゼント





ご希望の方は



件名に


kiss me テッシュ プレゼント希望 & あなたのHN

を お書きの上


keikissme@yahoo.co.jp

まで 応募ください。




締め切りは 11月11日の夜12時までです。



どしどし応募おまちしていま~す。








[PR]
by leekei | 2010-11-08 19:55 | プレゼント | Trackback | Comments(54)
再UP!愛の創作文「夜風・・・6」&記念日
本日 kissme LBH 4年11か月記念日です。
前回の記念日から一か月 何かとあり バタバタ過ごしてしまい
そんななか 変わらず 遊びに来てくれるお仲間さんに感謝感謝の記念日です^^


記念日にちなみまして 久々のプレゼントを用意してます。

愛の創作文と記事を分けたいので・・・
また 一日遅れプレゼントのご案内記事UPしようと思います^^
また 覗いてください (*μ_μ)ポッ


f0013346_224044.jpg




『おいで・・・・』





震え堕ちていく彼女の

その体を ぐっと引き寄せて

彼は 強く強く 抱きしめる。





f0013346_923922.jpg



愛の創作文
『夜風・・・6』 



BGM/ROMANCE...(曲の流れない方用) 




彼の腕の中で

堪え切れず 打ち震える体




彼の前で 一人・・・

その唇で・・・唇だけで ・・・




途切れ途切れに 恥ずかしい感覚が よみがえる

彼の腕の中 

余韻に体を 震わせながら

彼女は 瞼を閉じたまま 

目の前に広がる 

真っ白な世界に身を震わせる。





『・・・・ぅ・・・・・』




時折 聞こえるその声は

余韻を引きずる この体の芯から

零れ落ちてくるようで・・・





彼は 何も 言わずに 

そんな彼女を 強く 強く 抱きしめる。





夜風が さわさわと 吹き抜ける

夜の帳が降りた暗闇の中

白いシフォンのカーテンが

ふわりふわりと 

その風に 押されて 揺れる





彼女の体が ほんの少し 息を取り戻す

その時を 待っていたかのように

彼は 彼女の耳元に キスをする





優しく耳たぶを噛むと

その中心に 唇をそっと 伏せて

低い声を 彼女の体の中に 吹き込むように

囁いた・・・・









『このまま・・・・』











耳に 吹きかかる暖かな彼の息

優しく瞼を一度閉じてから

反射的に出てしまう甘い声の変わりに 

彼女は 彼に 聞き返した。







『・・・・・ぇっ・・・・・?』








もう一度 彼女の耳を ふさぐようにくちづけ

彼は 低く 囁いた。








『・・・したい・・・このまま・・・』








その声が 彼女の体の中に 入り込んで

奥深く 静かな水面に 波を生むように

ジーンと 響き渡る。









彼の唇が 耳に触れるやわらかさ

体の中に 染み込んで行く声







それだけで・・・

ただ それだけで 私・・・・

また・・・








彼女は 体の中心から

熱いものが 満ち溢れてくるのを 感じていた。








彼女は そっと 太ももを 摺り寄せる。

その仕草は どういう意味なのか

彼には すべてわかっていて





彼の胸の中で 恥ずかしそうに甘える

愛おしくて・・・

そして 

自分を 虜にするこの体・・・








『でも・・・・・』








『でも?』







『ベットに・・・連れて行っ・・・・・』








彼の顔を見ずに

その胸に 頬をつけたまま

彼女が 甘えるように囁くその声は

彼の声によって 消される・・・








『・・・・・・ここで。』









 

抱き起こすように その体を 起き上がらせると

シャツを バサリと 脱ぎ捨てる。






『・・・ダメ・・・・ョ・・・・』







そう 言う彼女の声は とても淫らで・・・・

もう 彼を止められないことも 

わかっていて・・・・







たまらなく 美しく

たまらなく 愛おしい

その彼女の体を グッと 引き寄せ

キスをする。






深い・・・

優しいキス・・・







唇が 捉え

舌が 手繰り寄せる

深くつながった唇を そのままに

彼の手は 彼の下半身に伸びていく。








彼の唇に 酔わされながら

彼女は 彼のベルト金具が 

はずされる音を 聞いていた。






ー ダメ・・・って 言ってるのに・・・





そうは 頭で思いながら

絡めた舌は もっと もっとと

せがむ様に 彼の舌を求め続ける。





そうすると また・・・

太ももの奥で 熱いものが 溢れ出す・・・





彼に これから触れられたときに

その指が どれだけの甘い蜜を 

掻き分けるのかと思うと 

恥ずかしくて・・・







椅子に座ったままのその太ももが

また 開かれる時まで

彼にどこまで 溶かされるのか







ジーンズの脱ぎ捨てられる音

ベルトの金具が 絨毯の上に

コトン・・・と 音を立てて落ちた。






彼女の尖った顎を 包むように指先で掴むと

ゆっくりと 優しいキスをして 唇を離す・・・








そして その手で

まだ 足首に引っかかったままクシュクシュと小さくなった

彼女の下着を そっと 脱がせる。








彼の細い指先が

膝の下から ゆっくりと腰に 手を回し

グイッ!と 彼女の腰を自分に引き寄せる。








彼女の細く長い足が

膝を少し寄せるように 恥ずかしがりながら彼に開かれる。







彼の指は 私の腰を しっかりと 抱え込んで

彼の腕にかかる 私の足は 閉じることもできなくて








彼の細い指が

この蜜の中を ゆっくりと動くのを

恥ずかしがりながら予感していた体は・・・







彼が私の露を孕んだその場所に その指で触れもせず

自分の硬く熱いものの先端を 押し付けて・・・






『・・・・あっ・・・・・』







思わず 声が 出ちゃう・・・・

ほんの一部が 触れているだけで

私のそこは もう・・・

私の体は もう・・・






熱くなる・・・

彼に 抱かれる姿を 想像して

体が 熱くなる・・・







彼女の体に触れるたび

熱く・・・そして 薄紅色に染まる白い肌

潤いを 溢れさせるほど・・・

感じて 震えて 落ちていく体・・・






今日は まだ この自分の指さえも 沈ませてないこの体に

ゆっくりと ゆっくりと この身を沈み込ませたい・・・

この指で 可愛がりたい気持ちを抑え

時には 何も・・・何も 受け入れてない

柔らかな蜜の中に 包まれるように ゆっくりと 入れて・・・・









身震いがするほど ほしい・・・

どんなに 抱いても

どんなに 触れても

まだ まだ もっと・・・と

求めてしまう。





彼女の腰を ゆっくりと引き寄せながら

彼は 





『・・・いい・・・?・・』






その声は 優しくて・・・

でも その声は 獣のようで・・・






嫌なんて 言えない

言えない・・・





言わない・・・・





返事のできない代わりに

彼の唇に そっと くちづけた・・・





それと同時に 彼は・・・







甘い蜜を 淫らに零してしまいそうなほど

彼を 待ち続けた そこに・・・・

熱くそそり立ったそれを

彼は ゆっくりと 沈ませる。








ー クチュ・・・・と

少しだけ 恥ずかしい音がする。

恥ずかしくて・・・

頬を赤らめて そっと 目を閉じる。







ゆっくり・・・

ゆっくりと沈み込む・・・








その潤んだ体の中に

静かな水面に 波紋が広がるように







この体の中を

押し開くように

私の体が

あなたを 感じる







焦らすように ゆっくりと

私の体を 確かめるように ゆっくりと







・・・・割けて・・・・・しまいそう・・・・








『・・っ・・・・ぅ・・・・』







奥底に 着いたとき発する

彼の吐く息に混ざる声

甘くて・・・

切なくて・・・

私を ぎゅっと抱きしめる。









私の奥深くで 

ほんの少し 震わせた後






一度 腰を 引き

また・・・

奥深く 強く 私の体を 

押し上げるように 突いてくる彼







『・・・・・・ぅっ・・・・・』





一度・・・

二度・・・









何度も 何度も

体の中を 抉る様に むさぼるように






ミシミシと 音を立てて軋む椅子・・・

そして・・・

二人の体が生む 恥ずかしい音・・・








『・・・・・あぁ・・・・ぁ・・・・・』








さっきまでの 白い世界が 私の脳裏に

また 舞い戻る・・・









そして 私の体を ますます溶かしていく・・・










『・・・・許して・・・・』









さっき 彼の唇で イかされた体は

何度も 何度も 突き上げられて

悲鳴を上げる・・・







『・・・・・ゆる・・・し・・・・』





『・・・ダメ・・・・』







途切れ途切れの私の声を

かき消す彼の低い声・・・








『まだ・・・ダメだよ・・・・』






動きを止め

私の目を見上げながら 言う。

いたずらに 笑みを浮かべるその瞳。







私の手を 自分の肩に抱き寄せると

私の体を 抱え込んだまま

そして 深くつながったまま

彼は 立ち上がった。








『・・・キャ・・・・』






彼の体に しがみつく

彼の背中に 回した手に 力を こめる。

私を 抱き上げる 彼の 腕の筋肉

盛り上がって 硬くなって

私の腰を 抱えたまま

ゆっくりと 上下に揺らす。









『・・・・やっ・・・・・・ぁあ・・・・・』







こんなに 深く・・・

あなたを感じる・・・








嫌だと 首を振りながら

彼にしがみつき

甘い声を 零す・・・






彼が 私の腰を 揺らしながら

下から突き上げると

今までにないほど 奥深くに入って・・・

まるで 子宮が揺れるみたいに

体が 壊れそうになるの・・・







『・・・・・あっん・・・あっ・・・・・』






止められない声・・・

恥ずかしい声・・・







彼は そのままの体制で 振り向き

私の腰を 机の上に乗せ

机の端に座らせたまま突き上げる・・・








彼の首に巻きつけた腕を解いて

私は 机に後ろ手を付き 

彼に 突き上げられるこの身を支える・・・








『・・・・・あぁ・・・・だめ・・・・・』








彼の動きは より一層 激しく

次々に 私の中を掻き回して・・・・








机の隅に 積んであった

ディスクが 数枚 ガシャ・・・と 絨毯の上に落ちる・・・






一瞬 彼は動きを止めると






『・・・ごめん・・・』







それだけ つぶやいて 彼女の体を 机の上に 倒す。

その机の上には 彼が閉じたノートパソコンが

まだ 鈍い音を立てて 熱い空気を 吐き出していた。








横に 置いたヘッドフォンからは

もう 映画が 終わっているのだろう

BGMのみが 流れてくるのが 

横になった 彼女の耳に 微かに聞こえる・・・・








落ちたディスクを そのままに

彼女を 押し倒した机

彼と つながったまま・・・

そのまま 彼は 押し倒されたことで 

露わになった私の茂みの中に 指を伸ばす。








『・・・・あっ・・・ダメ・・・・・』







首を横に振りながら

彼の手首を捕まえる

私の力なんて 彼に届かなくて

許してと もがけば もがくほど

その茂みを掻き分けて

あなたの指が見つけた小さな蕾を

親指の先で 優しく揺さぶる・・・







彼の腰が また 動き出す・・・

ゆっくりと・・・・

ねっとりと・・・・

堕ちていく私を

彼の瞳は 上から 見つめる。







『・・・・・あぁ・・・・・や・・・・・・』








声にならない声が

あなたの手首を掴んだままの私の唇から 零れ落ちる







そして 空いているもう片方の手で

私の胸を 包み込む。

触られてないのに 小さく硬くなった実が

彼の 手のひらで 転がされて

また 硬くなる。








円を描くように 優しく触れるその手は

胸の先端の実を 硬く色づかせ

そして ギュッと 揉みはじめる。






体中の血が

燃え滾って 巡る。





イヤイヤと・・・

首を 横に振りながら

あなたの指に 震わされて

あなたの手に 揉み上げられて

そして

あなたの腰に 突き抜かれて・・・








私・・・・








『・・・・もう・・・・・あぁ・・・・・・』







体が ビクビクと 震えて

頭の中の真っ白な世界に

一筋の光を見つける・・・・





『・・・もう・・・・ダメ・・・・・・』






彼は 両手で 私を 抱き寄せると

そのまま 一気に 突き上げた・・・・









小さな波と、大きなうねりが

交互にやって来ては引いていく。

感じるものは ほかに 何もない

この体だけ

この体に あなたを 感じるだけ

この体で 君を 感じるだけ








彼の腕に しがみ付く

焼けた肌に 鍛え上げられた筋肉

その上に 細く長い指が 食い込む







ぎゅ・・・っと しがみついてくる。

蕩けてしまいそうな・・・顔

溶けていってしまいそうな・・・ 声











『・・・・・っ・・・・・・・好き・・・・・』









彼女が とぎれとぎれに やっと発した言葉を 聞くと

彼は 少し微笑んで 

その言葉を 呑む込むようにくちづけ

強く 奥深くに 突き上げて

そのまま 机の上に 倒れこんだ。








彼女は 彼の背中を ぎゅっと抱きしめながら

もう一度 囁く・・・








『好き・・・・』







普段は 恥ずかしがって 自分から言わない言葉・・・

その言葉を 聴いたのは どれだけ振りだろう・・・











その言葉を 

その言葉だけを つぶやいて

彼女は 彼にしがみつく









その声は 目を閉じたままの

彼に届き・・・

この瞬間の彼女の声を

決して忘れないようにと噛み締める。







彼は 額に汗を浮かばせながら

切ない声で彼女に つぶやく・・・・






『離したくない・・・よ・・・』






男の彼が

年上の彼が

めったに見せない 素顔・・・

自分の胸に 顔を埋める彼女を 

ぎゅっと 抱きしめる。









切ないほど 好きで

大人気ないほど 好きで

多忙な二人は お互いを

信じることしか ほかになくて








君の持つ

すべての時間を 奪いたいくらい

離したくないよ・・・・







その思いは 彼の心にそっとしまったまま

いつか・・・二人が迎えるその日まで・・・






今夜の月は 雲を身にまとって 暗い空に 浮かんでた・・・

暑さが 少し和らいだかと 勘違いするほど

涼しい夜風が 君の部屋のカーテンを揺らしていた・・・





あなたの胸の中で 抱きしめられたまま

ふと 夜の風の匂いがした・・・






また 季節が 流れる・・・

いつか 二人で迎えるその日まで・・・

こうして あなたのそばで 愛されていく・・・





**END**




長々
読んでくださってありがとうございまちた^^
[PR]
by leekei | 2010-11-07 02:02 | 愛の創作文 | Trackback | Comments(24)
再UP!愛の創作文「夜風・・・5」
f0013346_1312440.jpg




『それとも・・・・・ もっと・・・・・?』




彼の 甘くイジワルな声が



夜風の香りのするこの部屋に



また 静かに 響く・・・・









愛の創作文
『夜風・・・5 』 



BGM/ROMANCE...(曲の流れない方用) 





彼の細い指が 

そっと 手繰り寄せるその小さな下着は

その蜜から 離れたくないかのように 裏がえり

甘い染みを 残したまま ゆっくりと 下される。





下ろしながら じっと

覗き込むような 彼の視線

部屋の薄明かりの中

そのライトのオレンジを 映して

彼の前髪が揺れていた。






下着を とられながら

恥ずかしそうに目を伏せる彼女

下着の通った後に 時々くちづけながら

彼は 恥ずかしがる 彼女の表情を 見ていた。






椅子から 真っ直ぐに伸びた細い足

くちづけながら 持ち上げると

素直に 膝を曲げる。

開かれた もう片方の足に沿うように

両足をあわせながら 

まるで 子供のように

彼に 脱がされる下着・・・・






『・・・・・・ぁ・・・・・』






思わずもれる吐息・・・

恥ずかしいのに・・・

見られたくないのに・・・

でも・・・







まだ 完全に脱がされてない姿で

そっと 手で 茂みの辺りを押さえながら






『見ないで・・・・』






って 小さく小さくつぶやく。






彼の動きのすべてに 体が 溶かされて

彼に見られることですら こんなに・・・・

恥ずかしそうな彼女のその声は

彼のすべてを 刺激する。







下着は 哀れなほど小さくクシュクシュと 丸まり

彼女の肘掛にかかる足の

足首の先に 残されていた。







彼の唇が 足先から 太ももへ・・・

そして その場所へ











彼女の体は 彼のゆっくりとした動きに

焦らされ・・・・燃やされ・・・・

隠すものが なくなった今でも

溢れて来る蜜を 抑えられずにいた。






そして 彼は 膝の下に 手を 滑り込ませ

さらに さっきよりも 足を開かせる。







『・・・・やぁ・・・・・・』






嫌だと 言いながら

恥ずかしそうに足を開く

椅子に身を沈めながら

恥ずかしそうに 細い指で 隠そうとする。






恥ずかしい・・・・

ただ それだけは真実

見ないで と 言いながら

隠す指は 弱弱しく

可愛がられるのを・・・

弄られるのを 待っている指先






彼は 彼女の細い指先にくちづけ

そして そっとよけてから

開かれた足のその付け根に

ゆっくりと 顔をうずめていく・・・・












『・・・・・見・・・・・な・・・・・』








そして 湿った茂みの上から

彼は そこに優しくキスをする。






『・・・・い・・・・・で・・・・・・』



― ビクン・・・・






最後まで言う前に

彼の唇に 捕らえられた体が 大きく波立つ。

震わせながら 太ももに力を 入れるけど

閉じようとする足を 彼の手は 許してくれない。





さらにもっと 開かせて

私の腰を 引き寄せて

焦らすように 辱めるように

私のその密に孕んだ場所に

まだ 舌もいれずに

唇だけで そっと 可愛がる






『・・・あぁ・・・・』





焦らされて まるで子猫がねだるように 零れる声

自分の足の間で 揺れる彼の髪に そっと 指を絡ませる






― イジワル・・・・






そう 心の中で 思ってみても

何も 言えない

何も できない

彼に どんなに焦らされても・・・・・





でも・・・

私・・・もう・・・・・






足の付け根の白い肌

うっすらと 蜜を隠すように 覆う茂み

何度も唇を 這わせては

焦らされるうちに

蜜は もう 黒皮の座面に 甘い染みを零しそうで・・・・






そのとき 彼の舌が

優しくくちづけていた その場所を

まるで 捲りあげるように 蠢きだす。







『・・・・・ぁ・・・・・あぁ・・・・・』





茂みの中の小さな蕾・・・

でも それはもう 熱く孕みきって

彼の舌が 弾く度に

・・・許して・・・と 

この小さな椅子の上で

身を わずかに捩りながら




あなたに何もかも 見られて・・・

それでも この足を 閉じることはできなくて・・・・






焦らされ続けた この体は

まだ 何も 受け入れてないのに

あなたの舌だけで

あなたの唇だけで

小さな実が・・・

そっと 隠されていた小さな実が

茂みの中で こんなにも

淫らに 硬く弄られて






『・・・・ダメ・・・・・・』





彼女の 震える声・・・

彼女の 震える体・・・

椅子のきしむ音






あなたの舌は 許してくれなくて

もっと もっと 私を 淫らにさせて

あなたの唇に 吸いたてられながら

舌先が 私の理性を壊していく・・・・






『・・・・あっ・・・・・だめ・・・・・』





じっとりと 汗ばんだ肌に

絡みついたような 細い髪

震えもがく度に 揺れ動く

肘にかかった 細い肩紐と胸のふくらみ

彼に 触れてほしいと 膨らむ乳首






焦らされて・・・

こんなにも 焦らされて・・・






『・・・だ・・・め・・・・・・・・・・だめ・・・・・』





少し開いたくちびるから

うわ言の様に 零れる声・・・






彼は 何も 言ってくれなくて

ただ・・・ただ 恥ずかしい音を立てながら

その場所に 顔を 埋めるだけで








『・・・・やっ・・・・・あっ・・・・・』








体の震えが 止まらなくて

彼に 抱きしめてほしくて

私・・・壊れそうで・・・・






― 知ってる・・・

彼は 知ってる。



焦らされ続けた私の体が

もう 待てないこと。








それなのに 

指も使わず・・・・

何もくれず・・・

ただ その舌と唇で・・・・








― わかっている・・・

彼は わかってる。



そして

その時が すぐだと・・・・















『・・・いや・・・・・・・い・・・・ゃ・』







言葉が 遠くなる・・・

彼の耳からも・・・

彼女の脳裏からも・・・






何度も漏らす その言葉の

最後の一言が 消えてなくなる時






彼女の昇りつめるさまは

喩えようもないくらい美しくて・・・・






震えながら よがりながら

椅子に沈んだ体を 腰の辺りから わずかに擡げ

触れていた彼の髪の中の指を 

彼に伸ばしながら 彼女は 堕ちていく・・・







自分に伸びるその指を つかんで彼は







『おいで・・・・』










震え堕ちていく彼女の

その体を ぐっと引き寄せて

彼は 強く強く 抱きしめる。



**つづく**







読んでくださって ☆⌒(*^▽゜)vありがとう



照ッ(〃ノ∇ノ) 彼女のほうが 先に イかされてしまいまして・・・

でも この後 彼は 思う存分・・・


続きは 6にて・・・のびのび~で本当に ごめんなさい。





f0013346_132741.jpg


みなさん

ご心配をかけてますぅ。
大丈夫です^^体調も 大丈夫です^^
心配だlったことが クリアになったので^^

また えろえろぱわーで 突き進みたとおもいます。

みなさ~ん
気遣いの優しいお声かけ ありがとうございます。

ジーンとして おませてもらいましたぁ^^
[PR]
by leekei | 2010-11-02 01:34 | 愛の創作文 | Trackback | Comments(39)