kiss me LBH
keikiss.exblog.jp

ビョンホンのあま~いkissに 恋に落ちた恵のメロメロらびゅ~んな日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
> りきさん そうな..
by leekei at 02:55
> りきさん 記念日..
by leekei at 02:52
チャリさん 再びでーす..
by leekei at 02:48
きゃー! 娼年! レン..
by りき at 15:39
みなさん らぶりーさんの..
by leekei at 02:42
わーー loveleeさ..
by leekei at 02:40
恵さん 皆さん こんにち..
by flower at 15:46
> チャリさん チャ..
by leekei at 07:02
おはようございます☀ ..
by ミンミン at 06:33
こんばんは〜〜 恵..
by りき at 22:32
♡恵のお知らせ(〃∇〃) ♡

いつも 遊びに来てくれて
ありがとうございます






♡恵のメール♡

件名にHNを 入れてくださ~い。
お願いします。 迷惑メールフィルターを設定していますので うまく届かないことが極まれにあります。もしお返事がない方は 非公開で おしえてくださいね♪


keikissme@yahoo.co.jp



♡kiss me BBS♡





上のBBSマークをぽちっ!としてください。
みなさんのおしゃべり 情報交換
ど~ぞ。
誹謗中傷のみ 禁止で~す。





♡お願い♡

こちらに掲載している画像・情報・引用文などは、個人の趣味の範囲内で利用させて頂いております。営利目的ではございません。何卒 ご理解下さいm(__)m
また 誹謗中傷は 禁止で~す。





♡レスについて♡

OPEN当初から 全レスを目指て やってきましたが 時間がどうしても足りなくて 気がつけば 全レスできなくなってました。
コメントくださった皆さんに全レスをしたい気持ちは 今も変わらないのですが本当にごめんなさい。

できる範囲で できる限りレスしていきます。もし、漏れてても他意はないので、許してね。
お一人 お一人のコメントは思い浮かべながら 全部 読ませていただいてます。
ありがとうございます(*^▽^*) 



♡MVのお願い♡

事情でMVのリンクが切れているものもあります。
もし リンクが切れてるけど 見たいわ~♪と 言ってくださる方は メールいただければ 送ります。




■■amazonお買いもの■■
商品写真クリックで
amazonで詳細見ながら
すぐにお買い物ができます。

メモリーズ 追憶の剣  通常版 【DVD】

インサイダーズ/内部者たち [DVD]

DAZED 2016年 1月号/韓国俳優イ・ビョンホン/おまけ:東方神起ポスター、東方神起はがき1枚/韓国雑誌

[写真集表紙画像なし]
イ・ビョンホン「メモリーズ 追憶の剣」公式写真集

CINE21 1017号 イ・ビョンホン チョン・ドヨン 侠女:刀の記憶 韓国ap04

クレアスタ 2012/04月(VOL.9)-特集!イ・ビョンホン/キム・ヒョンジュン/JYJ/INFINITE/KARA

G.I.ジョー バック2リベンジ 完全制覇ロングバージョン 3D&2Dブルーレイセット〔2枚組〕(初回生産限定) [Blu-ray]

G.I.ジョー バック2リベンジ [DVD]

王になった男 プレミアムBOX [DVD]

王になった男 スタンダード・エディション [DVD]

ちょっと紅茶も仲間入り・・・

英国 Whittard (ウィッタード) イングリッシュブレックファスト リーフティー ギフト缶 Tea Discoveries English Breakfast Caddy [並行輸入品]


英国 Whittard (ウィッタード)ブラックティーセレクション 紅茶ギフト ミニ缶3種セット [並行輸入品]

英国 Whittard (ウィッタード) アフタヌーンティー リーフティー 125g インフューザ―付き Finest Afternoon Loose Tea Pouch & Silver Plated Infuser [並行輸入品]


香水★『李氏の庭』 エルメス

【エルメス】李氏の庭 EDT・SP 50ml [並行輸入品]



■■■おコタのお誘い■■■

コメント欄でワイワイしながら
TV見ましょう
開催時 事前お知らせは
ブログ記事にて


KBS 2TV 
 

韓国TV視聴サイト



韓国TV番組表




♡愛用の素材やさん♡

*・゜゚・*:.。゚・NOION*:.。.* .。.:*
.。.*゚・:.。.* café trial*:.。.* .。.:*
..* 自然いっぱいの素材集*:.
..*・:.。.* natural breeze*:.・:.。.*
..*・:.。.* fazzy*:.・:.。.*
..*・:.。.*7 Style*:.・:.。.*
..*・:.。.*atelier-sud-est*:.・:.。.*
..*・:.。.*cheerful*:.・:.。.*
..*・:.。.*chocolat**:.・:.。.*
..*・:.。.*mattrihonpo..*・:.。.*



♡サイトリンク♡

イビョンホン ジャパン(新)
Lee Byung hun com
ルーバス

loveLBH
Lee byung-hun台湾
Lee byung-hunS.G
LBH meets LBH
サマンサタバサ
Gyao
ニコニコ動画
놈놈놈 DaumCafe
놈놈놈 台湾公式サイト
UNIVERSAL-J
youtube
G.I.joe
東方神起オフィシャルウェブサイト
I come with the rain公式サイト
グッド・バッド・ウィア-ド日本HP
IRIS
マエストロ






♡ブログリンク♡

kokia's collection
かんこくのぐうぞう い・びょんほん
ビョンホン・アメブロ



最新の記事
ビョンホンJr.ジュヌ君
at 2018-09-20 19:14
ビョンホンに遭遇@韓国旅行&..
at 2018-09-06 13:09
秋田のアイリスビョンホン懐か..
at 2018-08-23 08:01
LBH ON TOUR 2018
at 2018-08-14 23:50
kissmeLBH 12年8..
at 2018-08-08 03:52
Happy Birthday..
at 2018-07-12 00:00
kissme12年7ヶ月記念..
at 2018-07-07 08:50
kissmeLBH 12年6..
at 2018-06-07 23:28
映画『娼年』ドキドキ過ぎる
at 2018-05-27 08:13
kissmeLBH 12年..
at 2018-05-07 16:09
kissmeLBH 12年4..
at 2018-04-07 23:33
Happy Wedding ..
at 2018-03-30 04:41
kissmeLBH 12年3..
at 2018-03-07 23:57
平昌オリンピック閉会式にEX..
at 2018-02-25 11:20
kissmeLBH 12年2..
at 2018-02-07 23:33
Happy New Year..
at 2018-01-01 00:00
Thank you 2017..
at 2017-12-31 16:09
Merry Christma..
at 2017-12-24 23:00
kissmeLBH 12周年..
at 2017-12-07 00:00
kissmeLBH 11年1..
at 2017-11-07 23:59
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のトラックバック
♡ 来日 ♡ 来日 ♡
from まほんのL-Beads-H
Stay With Me
from Rin's C@fe
Happy Birthd..
from Alyuとleebyungh..
ヒデの涙
from まほんのL-Beads-H
びょんほんバスのお値段は?
from Rin's C@fe
Today's びょんほ..
from Rin's C@fe
Light In The..
from かんこくのぐうぞう い・びょ..
「輪舞曲」のかんづめ③ ..
from Rin's C@fe
お~ぷん1ヶ月記念妄想文。
from びょんほん mylove
彼がもっこりと口にした日..
from かんこくのぐうぞう い・びょ..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
愛の創作文 『Rain・・・3』再UP
f0013346_20303470.jpg


・・・もう だめ・・・・

・・・ガマン デキナイ・・・




・・・当たり前だろ・・・

・・・そうさせてるんだから・・・




体をくねらせ 堕ちて行く・・・

まだ 始まったばかりなのに・・・




愛の創作文   『Rain・・・』3







彼女が 口に当てた手の隙間から わずかに甘い声が溢れる。
彼女の体が 熱くなり 控えめにつけた優しい香水の香りが立ち上り 彼の体に染み込んでゆく。
彼女から発するすべてのものが 彼の疲れた体も心も 癒してくれる。




・・・彼女の香り

・・・彼女の声

・・・彼女の・・・・




君の持つすべてのものが 会うたびに 自分の体に染み込んで行き
愛おしさを 持ち帰るように そっと封をする。


『あなたに会えないときに 寂しくないように・・・。』




君が良く言う言葉・・・
僕も そう・・・




『君に会えないときに 寂しくないように・・・。』

君のすべてを僕の体は記憶する。









彼は 慣れた手つきで すばやく背中に回した手で ブラのホックを外す。
押し下げられたブラの上に乗った 零れ落ちそうなほどの胸が 開放されてゆく。


彼女が呼吸をするたびに そのふくらみが盛り上がり 溜まらず 彼は 強くギュッと揉み
細い指を その胸に食い込ませる。
指の隙間から 搾り出されたようになった その実が より硬くなる。


そっと 指を寄せてきて その2本の指で挟みながら ゆっくりと円を描くようにその柔らかい肌を包んでゆく。
時折り 指に ギュっと力を入れ 彼女のその実を 可愛がるように。




ゆっくりと手を下ろし始める彼女の腕に・・・
腕の内側の柔らかい肌に ジリジリと 唇を這わせる。
柔らかい肌の上を 登りつめ 
彼女の耳元に唇を移し 耳をくすぐるようにキスをする。
彼女は 肩をすくめて くすぐったいような表情を見せ・・・


それでも やはりゆっくりと・・・
息遣いが 徐々に 柔らかくなる。




耳にくちづけて 瞑ったまぶたに 頬にくちづけて・・・
そして 彼が唇を捕まえると 深い深いキスをする。
彼女が 気が遠くなるくらい

・・・深く愛しいキス。




彼の指の間の果実は キスの間にも 彼の指で可愛がられて・・・
柔らかな その実が 弾けんばかりに 硬くなっていくのが わかる。




深いキスの隙間から 彼女は こらえ切れない声を漏らしながら 
それでも 彼の舌を求めずには いられなくて・・・。

その深いキスは お互い求め合い 深い海の底に 落ちてゆくようなキス。




白いシーツの上を 細く美しい足が 線を描く。

波を打つ白い布・・・

光沢のある生地のクリーム色のスカートから伸びる美しい足・・・

感じるたびに蠢(うごめ)くその足が 少しずつスカートをめくれ上がらせて 彼の心をたまらなく擽る。



部屋の中にともる薄明かりのなか 部屋の隅に置かれたキャンドルのオレンジが 
柔らかな光を放ち 二人を 甘い空気に包み込む。


彼の唇が そっと その首筋を這い 硬く熟れきったその実を包み込む。


「・・・・ぁ・・・・・」



彼女の甘い声・・・



その硬くなった実を 優しく包み込むように舌で包み 
そして 不意を付いたように 強く吸う。




甘い声は さらに切ないような響きに変わり・・・


「・・・あぁ・・・ゃ・・・・・・」



吐息に混じり 小さく囁いた言葉が 彼の耳をくすぐる。
そう言いながら 背中を弓なりに反らせ 
彼女は ベットの上に漂うこの甘い香りに ゆっくりと酔わされてゆく。



彼は 弓なりに反るその背中に手を入れると 
スカートのホックを そっと外す。


細い背中・・・
折れそうなほど 細い体・・・
そんな わずかな瞬間にも 愛おしさが溢れて止まらなくなる。





柔らかな生地が 引きつれるような音を立てて 細い足を滑り降りてゆく。
彼女の長い足が 彼に脱がされるのを 恥ずかしそうに望みながら ゆっくりと自ら足を抜いてゆく。
柔らかな光沢のある生地・・・
部屋の柔らかなキャンドルの明かりが 落ちてゆくスカートを 照らして浮かび上がらせる。



ただ・・・それだけなのに 
彼は彼女を取り囲むすべてのものの美しさに 益々引かれてゆく。


その柔らかい生地は 彼の手によって まるで
花びらのようにふわりとベットサイドに舞い降りる。




彼女の細い体が 浮かび上がる。
部屋のキャンドルが ほんの少し揺れて その美しさが 妖艶にも感じられ
彼は たまらなく その体に・・・下半身に・・・
ゆっくりと 人差し指を這わせる。



わずかに曲がった膝から そっと その太ももの内側に 指を滑らせる。
ゆっくりと ゆっくりと 太ももを競りあがる彼の指・・・
その肌を ためらうように いとおしむように・・・



彼女は 自分の姿が恥ずかしくて 太ももを寄せ合い ほんの少しだけ 身を捩る。
その恥ずかしそうな様子が 可愛くて 彼は 腰に回した手に力を入れ 自分に引き寄せる。
彼の胸に 恥ずかしそうに彼女は 顔を埋める。

そんな愛おしい彼女を ギュッと抱きしめてから 
彼は その細い足から 彼女の恥ずかしがる場所へ 細い指を滑り込ませる。




シルクのストッキングが ライトの所為で キラキラと輝いて見える。
その上を 彼の細い指が そっと 擽るように這う。


恥ずかしそうに閉じた太ももは 摺り寄せる膝の間に彼は足を入れ・・・
それでも 残る緊張は 彼の指が そっと そっと 動き回るたびに
彼女の唇から零れる吐息とともに ゆっくりと ゆっくりと 溶けて行く。



甘えるような息遣いで 上半身を彼の胸に埋める。
彼の指は 焦らすように ゆっくりと 彼女が感じる部分の周りから ジリジリと攻めてゆく。


すべりの良い光沢を放つシルクのストッキング・・・
その所為で 余計に っと自分の体を這うその指に 彼女の感覚は囚われてゆく。
その部分を 避けるように 焦らすように・・・




・・・・イジワル・・・・




彼女は 動いてしまいそうになる自分の体に 恥ずかしさが一気にまして 彼にしがみつく。



・・・・ 触って・・・・



言えるはずも無い言葉が 自分の体の中には潜んでて・・・
そんなことに 気付き・・
ますます 体が熱くなる。


エレベーターの中の彼を 思い出しながら・・・
少しイジワルな彼に 心が奪われてゆく。





「・・・・・あっ・・・・・・・・・・・」





彼の指が ほんの一瞬 触ってほしかったつぼみの上をを通り過ぎる。
焦らされて 焦らされて 待っていた体が 「ビクッ」っと 震えて
ついて出たような 声を出す。






「ここ?」






いじわるな彼が 知ってて 恥ずかしがる私の耳元で 囁く。
体が熱を発し 顔が紅く染まってゆく。
頬か熱い・・・。




・・・そんなこと言えない・・・



恥ずかしがる私に 優しく優しく彼の指は その場所に 小さく円を書く。
私の今 一番敏感になるその蕾に・・・。




「・・・・・ここだろ?」




わずかに うなずくのが精一杯で・・・。
彼のシャツを ギュッと握って その胸に 熱くなった頬を寄せる。


彼女の愛おしすぎるしぐさに 手を止め 彼女を両手で抱きしめる。
苦しいほど強く抱きしめられて・・・
でも 彼女は 彼の腕の中で やっぱり 愛おしい彼のシャツをギュッと握り締めていた。


f0013346_12302521.jpg


彼女を抱きしめる手を離し
彼は 彼女のストッキングに手をかける。
手馴れた手つきで ストッキングを脱がせると
自分も シャツのボタンを すばやく開くと 脱ぎ捨てる。



彼女をやさしく包んでいたストッキングを 脱がせると
より一層白い肌が現れる。
光沢のあるシルクの下着・・・
小さな布に隠された 甘き場所へ
下着の上から そっと 指を這わせてみる。

その場所は すでに あまりにも深く蜜を蓄えて・・・
そのことが 上から触れただけでも十分にわかるくらいに しっとりとしていた。





「・・・ほら  もうこんな・・・」





彼に 囁かれて 
彼女は 恥ずかしさに包まれて・・・・




「・・・・ゃ・・・・・」





「だって・・・・ほら・・・」





彼の指が 下着の中に入り 恥ずかしい音を 彼女に聞かせる。
少し柔らかな水が滴るような・・・
そんな音が かすかに聞こえる


彼女は
恥ずかしさで 目を閉じながら・・・
彼の指に触れられて




「・・は・・・ぅん・・・・・・・」




我慢しても 閉じた唇から 甘い声がでちゃう。
彼の細い指が 茂みを掻き分けて さっき焦らされ続けたその実を 触る。




・・・・・・ビクン・・・・・・・


体中の感覚がそこに集中して・・・
思わず 体が反応する。
熱くなって・・・太ももを 閉じようと少し力を入れてしまう。



嫌じゃないのに・・・・・

嫌じゃないのに・・・・・




彼の指が 甘い蜜の音を 導き出す。


その音は ホテルの部屋の中に 響いて・・・
彼女の耳を・・・・脳裏を 埋め尽くして・・・
彼の気持ちを 高ぶらせて・・・


その音に混じり 彼女の口から 切ないような声が零れ落ちる。

彼の指が動くたびに 彼女は体をよがりながら感じてゆく。








そして 彼は ゆっくりと その熱を感じるほどに顔を近づけ
彼女の体の奥深くに 自分の一番長い指を沈ませたまま

その上の茂みの中の大切なつぼみを 舌でそつと包み込む。



そしてその舌は かわいい蕾を見つけ出すと 尖らせた舌の先端で 丁寧に剥き
イジワルに玩ぶ。


くすぐるように そっと触れたり・・・
いじめるように 強く吸ったり・・・



そして 奥深くに沈ませた指を 少し曲げて 彼女の体の中の感じる部分に 触れながら 
甘い蜜を もっと もっと 溢れさす。





「・・・うっ・・・・・あぁ・・・・・・・・」






彼女が心細げに彼の体に触る。
どこでもいい・・・手を伸ばしたところにある 彼の体に触れていたい。





彼の舌に 指に責められて 彼女は もうすでに 行き着くべき扉の手前にいた。
このまま 彼の指が 動き続けたら・・・
彼の舌に 責められ続けたら・・・




彼に愛されながら 解け始めた体を シーツの上に浮かべながら 甘い渦に巻かれてゆく。



彼女の体が 震える・・・。

彼女は 彼の体を掴む。






「・・・・ゃ・・・・・」





「や?」





すぐさま 返ってきた言葉に 首を横に振りながら 

彼に甘える。




「・・・・・・・・だめ・・・・・・・・・・」




彼女は 声にならない。
ダメ・・・・
そのときは 彼と一緒がいいのに・・・
一緒に イきたいのに・・・・・


「キス・・・・・して・・・・」



イヤイヤをしながら 彼女は 少し 体を起こして 彼の髪に 触れ・・・
彼に 甘い甘いキスを乞う。



キスを乞う彼女の表情は 切なそうでいて 幸せで・・・
彼に愛される安心感と 彼に責められる快感に 高潮していた。
そして 顔を上げた彼は
彼女の美しさに 愛おしさに たまらなくなる。



彼は その場所から唇を離し 彼女の唇にキスをする。
彼女を引き寄せ 体をあわせるように横になると 彼女のすべてを包み込むような甘いキスを 何度もする。


その間も 尚 その指の動きを止めずに 彼女の体のなかを 弄る。
舌から離れた蕾は 彼のほかの指が捕まえて その指を小刻みに震わせる。




「・・・ぁ・・・・・・・・ん・・・・・・・・」



キスの間から声を零しながら 彼女の体が 震えはじめる。


f0013346_12304090.jpg




「おいで・・・」






彼は彼女を抱きしめて 自分の体の上に乗せると
彼女の腰にそっと手を当て 彼女の中に ゆっくりと ゆっくりと 自分のそれを 沈めてゆく。





彼の胸の上で ドクドクと鳴る鼓動を聞きながら
彼の熱いものを 自分の体で抱きしめる・・・





ゆっくり ゆっくり 押し広げながら 入ってくる彼。

彼女の腰に添えた手に 少し力を入れて 
少しずつ ソコが軋んでゆくのがわかる。





「・・・・・・ぁぁ・・・・・・」





彼女の唇から か弱い声が漏れつづける。
そして 彼が その唇を捕まえに来る。





彼女はその瞬間・・・ いつも少しだけ怖くて・・・
彼は それがわかるからこそ 大切に 大切に 壊れやすいガラス細工のようなこの体を
ゆっくりと 開いてゆく。
私の体を裂くように 進んでくる彼は とても熱くて とても強くて・・・・
怖くなるくらいに 私を狂わせる。



「大丈夫?」



キスの途中で 彼が 声をかける。
優しい声・・・
私を いつも包んでくれる 優しい声・・・




小さくうなずいて また 彼にキスをする。



彼は ゆっくり 彼女の体に すべてを埋める。
そして ゆっくりと 動き出す。
やさしく・・・やさしく・・・
それでいて 最後のところで ぐっと 力を込め突き上げる。



彼女の体の癖を すべて知っている彼は 
はじめは 優しく彼女を抱きながら・・・
だんだん 強く 彼女をあの白い光の時まで 運んでくれる。



彼は 自分の体の上に乗せた彼女を抱きしめながら 下から 時にゆっくり 時に早く
彼女を突き上げる。


彼女の長い髪が のぼせたように汗ばんだ彼女の頬にまとわりつく。
その髪の端が 少し唇の中に入り込み
その彼女の艶やかな姿は 彼をたまらなくさせる。




彼女が ベットに手をついて 少し起き上がりながら その髪を取ろうとしたときに・・・


彼は 彼女の腰に当てた両手を 彼女の胸に上げ そのまま 彼女の体を起こして行く。
彼のすばやい行動に あっという間に 彼女は 彼の上に跨った状態に・・・・。



もう一度 甘えるように彼の胸に寄りかかろうと 上半身を倒す彼女を 彼の手は許さない。
そして・・・彼女の上半身を 押し戻した瞬間に 下から 彼が突き上げる。





「・・・・・あっ・・・・・・・」





思わず出ちゃう声。

彼は 彼女の体を起こしたまま 下から どんどん突き上げる。





その胸が 突き上げるたびに 大きく揺れて・・・。
長い髪を揺らしながら 感じてゆく彼女は あまりにも美しくて・・・。



彼女の手を握り 指と指を絡ませる。
彼女は 彼の指に ギュッと 力を入れて 握り返す。



・・・離さないで  このまま 離さないで・・・




彼女は 彼の顔を見て・・・・
でも 彼と目が合うと 自分の姿が恥ずかしくて 恥ずかしそうに俯いてすぐに目を閉じ
彼の手を 強く握る。





「・・・綺麗だよ・・・」





彼の声は 低く優しく響く。
恥ずかしがる彼女の姿が 愛おしくて仕方がない。

彼女の姿は 本当に美しい。
誰もがうらやむような 美しい体も・・・
何度も 体を重ねても恥ずかしがりながら上り詰めるその顔が
益々 彼を 夢中にさせる。



キャンドルの明かりに照らされて 妖艶に浮かび上がるその肌は
全体が 少ししっとりとして
露になった胸は 彼に愛されるたび 艶やかな色に変わり
彼は その胸に手を伸ばす。




少し体を捩るようにして 彼女は横を向く・・・ 
でも 彼の指がそっとその実を 触ると その繋いだ指に力を込めて 善がりながら 髪を揺らす。

光沢があって美しいその髪が オレンジの光に浮かび上がって キラキラと輝いて見える。
まさに 絹の様な 美しい髪。




そして そうしながらでも 容赦なく下から突き上げる彼に
その髪は 波を打つように 揺らめいて・・・。
彼女の声が 部屋の中に響き渡って・・・。




ほんの少し胸を触れた彼の指は 彼女の胸から下に向かって白い肌をなぞる様に降りると
彼女の茂みの中に滑り込ませ さっきまで触られて硬いままの蕾をそっと触る。





「・・・あぁ・・・・・・・」




指を 入れるだけで 彼女は 切ないような顔で 甘い声を次々に零れさす。
体自体が動いてる所為で 指で触れられてるだけで 振動が伝わり 彼女は もう 何も考えられないくらい 感じて 溺れて・・・。



彼の体に・・・


彼の指に・・・


彼の・・・



そして 彼は その指を 細かく振るわせる。






「・・・・・・だめ・・・・・・ぇ・・・」





彼女が 体を揺るがせる。
震えるような声で 彼女は・・・。



もう 体中の細胞が ゆっくり開いてゆくのがわかる。
まるで 露に濡れた花びらを ゆっくりと開く薔薇のように。
その姿が あまりにも美しくて 彼は 突き上げながらも 彼女を見つめる。




上り詰める愛しい彼女を じっと見つめながら
彼は 自分も 彼女に合わせて 上り詰めていく。



彼の突き上げる力が 強くなり・・・早くなり・・・
彼女は 途切れ途切れに 声を 零す。





「・・・おいで・・・」

「もう・・・我慢しなくていいよ・・・」



彼の声が 少し遠くに聞こえる。
体が熱くて 目の前の暗闇が どんどん深くなる。

私 昇っているの?

このまま あなたと昇りつめたい。
あなたと一つになったまま。




壊れてしまいそうな私の体を抱きしめて。





彼女は 大きく体を震わせる。

その瞬間に 彼が 繋いだその手を ぐっと自分に引き寄せ 抱きしめる。

彼の胸の中で 彼女は 白く眩しい光の渦に堕ちてゆく。

そして 彼も そんな彼女を 力強く抱きしめながら 奥深くにぐっと入り込んで 
彼女の中で 彼のそれは 行き果てる。
子供のように 目を閉じて
彼も全身を 震わせる。



「・・・・・う・・・・・」


たまらず彼から漏れる声
一瞬 とても守りたくなる。


彼を ぎゅっと 抱きしめる。



彼の激しく波打つ胸に そっと自分の胸を重ねながら あなたの激しい息遣いを私は感じる。
そっと耳を澄ませて その音を聞く。





あなたの手が ぎゅっと私を抱きしめながら 私の髪を撫ぜてくれる。
なんて 安らぐ時間・・・
なんて 安らぐ場所・・・




あなたの腕の中に抱かれて 私は 幸せを噛み締める。

二人は どちらからともなく 引き合うように キスをする。
優しいキス・・・
深いキス・・・



 

いつも外では 弟みたいに 飾らない性格で・・・
君に会うまでは・・・
こうなるまでは・・・




・・・そんな顔をして・・・

・・・そんな声で・・・

・・・僕に甘える姿を・・・

・・・想像出来なかったよ。





今は 自分のそばにいて 甘えるその姿が・・・

自分にだけ見せる 切ない顔が・・・

自分のすべての不安をかき消してくれる その笑顔が・・・

当たり前の様に いつも傍らにある。






だからこそ 

愛しい君を 寂しがらせないように・・・

いつもそばにいられない分・・・

その笑顔が 曇らないように・・・





「愛してる・・・」




とささやいて 君を 強く強く抱きしめる。








彼女は 彼に抱きしめられながら さっき飲み込んだ言葉をかけてみる。


「何か・・・あったの?」


雨に少し濡れた 彼の姿を見たときに 感じた 不安・・・
彼の瞳の奥の悲しみ・・・



彼は彼女を引き寄せて 唇に 深くキスをすると





「・・・ただ・・・ずっと・・・」





彼女を抱きしめながら その耳もとで 囁く。





「・・・・離さない・・・・」






やっぱり 深く語らない彼の・・・
心の奥底には・・・
きっと 私の知り得ない 辛さや悲しみが 渦巻いているに違いない。




私を抱きしめる彼が いつもよりほんの少しだけ 小さく見える。
わざと体を小さく丸めて彼女は 彼の腕の中に自分の身を埋める。





疲れていたのか 彼女を抱きしめたまま うっすらと寝息を立て始めた彼。
彼女は 顔を上げ そっと 起こさないように 彼の唇にキスをする。

そして 静かに囁く。





「・・・・ずっと・・・・・・・・離さないで・・・・。」





そして 彼の胸に抱かれながら 彼女は 彼のぬくもりを感じる。






さっきより 雨脚が 弱まったようで
窓ガラスに 当たって落ちる雨が
波のように静かにガラスを這っては 揺らめきながら落ちてゆく。

雨の音が 静かに部屋の中に響く。
彼の寝息を 聞きながら 
彼女もまた 深い夢の中に落ちてゆく。





**END**




*読んでくださって 本当に ありがとうございました(vv)

再UPの為 読み直しながら あ~へたくそ~って
ちょいちょい 言葉 書き加えたり 直したり^^;
しちゃいました。

初回UPのときと 少し違うかも
あっ・・・ 大きくは 変わりませんが^^


いつも こんな駄文で 申し訳ないです(*μ_μ)ポッ

最後まで読んでくれて 
ありがとうございました。
[PR]
by leekei | 2012-05-27 21:03 | 愛の創作文 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://keikiss.exblog.jp/tb/17589003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by leekei at 2012-05-28 06:50
おはよ~^^

いちばぁぁぁん(笑)

もうすぐ アルクンさんがくるかな?

今日も いい天気~

洗濯機を グルグル回しながら~

今日も 一日 がんばりましょおおおおおお

3年前の 今日・・・

父の病院に駆け付けた時間に目が覚めました。

長い長い 1日の始まりだったなぁぁって

想いだしました

PCから 左を向くと ダイニングの

出窓に父の写真があります^^

声かけて 今日も 一日がんばろ~~って 感じです

あ・・・

明日は お参りです^^


Commented by アルクン at 2012-05-28 07:07 x
恵ちゃん みなさん おはよぉ~

じゃんねん 恵ちゃんに一番越された。。。

こんなイイお天気の明るい月曜日の朝・・・
じんわり じっくりと Rain3 読ませてもらったら遅くなった

そっか・・・
恵ちゃん 3年前の今日だったね
あの長い一日は・・・
お父様 いつも恵ちゃんご一家のこと
すぐ近くから見守って下さってるね!

さて 新しい週もはじまりました
今週も みなさんお元気で ファイティン~♪
Commented by ぶーたん at 2012-05-28 07:41 x
恵ちゃん みなさんおはようー

わーい。じっくり読んでくるね~^^

お父様。もう三年前になるんだね
何時までも永遠に忘れらない日ってありますよね…

写真の向こうから毎日笑顔で見守ってくれてるお父様。
いつもそばに居てくれてると思いますよ~

ではでは、読んできまーす!
あとでゆっくりきまーしゅ。

今日も良い1日をね~
Commented by riki at 2012-05-28 15:47 x
朝はピーカンだったのに
ゴロゴロ ザーザー ・・・
少し落ち着いたけど夜も心配とか・・・
みなさんお仕事帰り気をつけてください!


・・・・・・・・で、
読んできました~~~~~~!
┣¨キ(*´ェ`*)┣¨キ 
御馳走様でした・・・・。オホホホホ・・・・。
途中で背中も見せて頂いて・・・は~~~~っ。
  ・・・・・・満腹・・・・・。

恵さん
3年前の今日でしたか・・・
いつも近くに居らっしゃいますよね・・きっと。


骨密度にお声かけありがとうございます。
来週は乳がん検診・・。
・・・挟むったって・・ねえ! 無いものを挟むのは大変。
またお世話かけてしまうわ~ (._.)
Commented by flower at 2012-05-28 16:51 x
恵さん 皆さん こんにちは。

こちらも午後から急に暗くなり 強風と大雨でした。
今はちょっと落ち着いてきました。

恵さん 
「Rain 3」 UPありがとう!!
どきどきして読みましたよ・・
恵さんの細やかな描写がとても好きです。
現実にもあればいいのに・・・ なんて思ってしまいました。

3年前の今日だったのですね。
月日が流れるのは早いですね。
親孝行の恵さんをいつも見守ってくださっているでしょう。
明日のお参り ゆっくりお話してきてくださいね。

>rikiさん
乳がん検診・・・ 私もrikiさんとお仲間だわ・・・
大きい人が羨ましい・・・
Commented by ジェリクルの母 at 2012-05-28 22:12 x
恵さん、皆さん 今晩は!

恵さん
Rain三部作ドキドキしながら読みました。
本当に二人の姿が、浮かび上がって来ました。
素敵なお話を有難うございました。

もうあれから3年経つのですね。
毎月のお参りとお母様への心遣い、
お父様は、きっと喜んでいらっしゃると思います。
いつも側で恵さんを見守っていらっしゃいますよ。

>アルクンさん
毎朝のご挨拶で一日が、始まります。
今週もファイティ~ン!

>ぶーたんさん
今のうちにゆっくりして新生活に備えて下さい。

>rikiさん
骨密度のお仲間ですね。
来週の検査も頑張って下さい。
今更ですが、6月6日の太陽観察には、
メガネは、絶対必要のようです。

>flowerさん
こちらも午後から急に大雨になりました。
日頃の行いが、余程悪いのか、出先から帰宅しようと
建物を出たら凄い雨でビックリ。
コンビニでビニール傘を買って足を濡らしながら帰ったら
家の前辺りで晴れて来てガックリでした。

Kiss meとびょんに元気を貰って
今週も頑張りましょう!!
Commented by アルクン at 2012-05-29 07:08 x
恵ちゃん みなさん おはよぉ~~

昨日はまた変なお天気だったね
雷に ヒョウに スコール?
夜中に地震・・・
まさに 日本列島 おかしいわ!

恵ちゃん 今日はお参りですね
お父様と ゆっくりお話してきてね~

ジェリクルの母さん
いつも お声かけありがと・・・
うん 今日も一緒にがんばぁ~

今日もお天気不安定だそうですよ
雲が怪しくなってきたら みなさん気を付けて!

では 今日もお元気で ファイティン~♪
Commented by leekei at 2012-05-29 07:25
...φ(ー ̄*)カキカキ_φ(* ̄0 ̄)ノ[才八∃一]ペタッ

今日は はい^^
おまいり~です

母は ほんとなら この1か月
精神的に 落ち込んじゃって大変なのですが

父が 夢に会いに来てくれたらしく
いっぱい話したようで
元気に この日を迎えてくれてます

私としても ほんと
夢に出てくれた父に感謝



昨日は すごい天気?
だったんでしょうか?

夜遅くに 関東地方に地震があったみたいですね
凄い大きかった?
大丈夫でしたかぁぁ?

丁度 その少しあと
名古屋も ミシミシ・・・
あっ
でも 寝てて感じるくらいの
微量の振動でしたけど

みなさんのところは 大丈夫でしたか?


皆さんのコメント
ありがとうです

創作文最終話だったけど
ムラムラの後に 父のことで
お言葉をいただき
感謝~です^^



Commented by leekei at 2012-05-29 07:27
>>あっ アルクンさん

おはよ~!!

そ~~ぐ~~
SOO GOOD!! だね~^^



>>rikiさ~ん

乳がん検診
きゃあああああああああ

マーモちゃんで 挟むのね~?


わたし マーモと エコーと
どちらかと言われ
挟んだ痛さを思い出して
エコーにしちゃったのおおお

その代り
乳首 ぐりぐりされたっけど(笑)


がんばって~~~
Commented by youchan@(*^-^*) at 2012-05-29 08:10 x
恵さん 皆さん おはです。
朝からムシムシ暑い~(^o^;)

今日は恵さんのお父様のご命日ですね。
お母様が元気戻られてよかったね。
こんなときは娘が傍にいるだけで心強いもの。
お父様も安心してますよ。

お話したいけど 仕事がまってるよん!

いざ!稼ぎ隊行ってきます。
Commented by riki at 2012-05-29 09:30 x
今は晴れ!・・ですけど、今日も怪しいお天気とか・・。
昨夜、地震もあったんですか?
みなさん何事も無かったかな?

恵さん
今日はお父様に会いに行くんですね・・
お父様も、元気な恵さんとお母さまに会えるのをいつも楽しみにしていらっしゃるでしょうね・・。
雨降らない内に~!

flowerさん
あら~ 小さめですか?
トホホホ・・って感じですよね。

恵さんが
乳首ぐりぐりされたのは・・
それ、職権乱用!(?)魅力的な胸だから・・。

ジェリクルの母さん
やっぱメガネ必要?・・・無いわ・・。


今日から昼の部5連休で・・
とりあえず、ランチ行ってきます。

Commented by lovelee at 2012-05-30 00:29 x
恵さん みなさん こんばんは

恵さん
『Rain・・・3』 完結
巧みな言葉使いに・・美しい情景描写に・・
どきどきさせて貰いましたよ~。ありがと!^^;
やっぱり・・文才だなぁ☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

そして今日は
お父様のご命日でしたのね・・・。
お父様との色々な事が甦り素敵にお母様と
一緒に偲ばれたのでしょうね


riki さ~ん
ランチは李かが(笑)でしたか?
まずは美味しいお料理を食べて・・
残りの連休も楽しみですね~(・_・。ゝ

youchanさ~ん
いつも凄いなぁと・・情熱を感じています
>稼ぎ隊?!^^・・・d(@^∇゚)/ファイトッ♪



Commented by leekei at 2012-05-30 07:09
おはです~^^


昨日は 変なお天気で

雷と 通り雨で
p洗濯物 ぴんち~~~でした

びしょびしょ 濡れ濡れで
今 洗いなおしてます


昨日は おこえかけありがとう
いい時間を 母と過ごせました^^

さて・・
今日も 一日がんばりましょおおおおおおおおお


あっと 過ぎていく毎日
気が付けば もうすぐ6月ですね~
夏ですね~
Commented by アルクン at 2012-05-30 07:11 x
恵ちゃん みなさん おはよぉ~~

恵ちゃん お母様の夢にお父様・・・
たくさん お話が出来て良かったね!
お母様 とっても嬉しかったと思いますよ~

昨日遅い帰宅だったんだけど
雷雨が凄くて 恐かったよ~~
かみなり 光って鳴りっぱなしだったもん。。。

rikiさん 大型連休 楽しんでね~
いつもお仕事忙しいものね
良いお時間過ごしてくださ~い!

youchanさん お仕事がんばぁ~

ちょっと体がお疲れモードだけど アルクンも頑張る!!
では みなさん 今日もお元気で
ファイティン~~~♪
Commented by アルクン at 2012-05-30 07:12 x
あっ ↑ 恵ちゃん 今朝も遭遇!!!

おっはぁ~~

あらら・・・ お洗濯もの 濡れ濡れになっちゃったのね~